コラム | 兵庫県小野市大島町 市場駅【株式会社みのり】

コラムcolumn

解体工事に資格は必要?

2021.12.21

解体工事は家を解体するため、多くの重機を使用することが大半です。
手作業で行うことも多いですが、解体工事には資格が必要か難しいところでもあります。
そこで今回は、解体工事の資格について紹介していきますので、是非参考にしてください。

▼解体工事に資格は必要?
解体をする際には、それぞれの工事によって資格保有者が必要となります。
例えば、5m以上の高さに足場の設置や解体を行う場合は、足場の組立て等作業主任者が必須となってくるようです。
それぞれの工程によって、必要な資格は変わってきますが一つの資格で可能なことが多数ある場合もあります。

▼解体工事に関わる資格
解体工事に関わる資格は以下の通りとなっています。

①一級・二級建築士
②一級・二級建設機械施工技士
➂一級・二級土木施工管理技士
④一級・二級建築施工管理技士
⑤一級・二級とび・とび工
⑥建設リサイクル法の登録試験である解体工事施工技士

解体工事施工技師は国家資格で、短くとも1年半、長い場合は8年の実務経験が必要となります。

▼資格以外にも
様々な資格がありますが、他にも技術資格というものもあります。
重機を運転する際の免許や資格のことで、免許や資格を取得するだけではなく講習を受けることで可能なものもあるようです。
更には解体工事を行うには、解体工業登録などが必要となってきます。

▼まとめ
解体工事には、工程によって保有資格者が必須となってきます。
資格には様々な種類がありますが、重機を動かすにも免許や資格は必要となってくるようです。

NEW

  • 2022.10.01

    社会保険の手続きが必要な時とは

  • 2022.09.15

    社会保険の加入条件について

  • 2022.09.01

    労働時間の管理について

  • 2022.08.15

    法律に基づいた労働時間について

  • 2022.08.01

    福利厚生の内容について

アーカイブ