コラム | 兵庫県小野市大島町 市場駅【株式会社みのり】

コラムcolumn

クレーンオペレーターになるためには

2021.11.21

重たい荷物をクレーンで運ぶ仕事がしたいと思っている方は、クレーンオペレーターになる方法が知りたいのではないでしょうか。
そこでこの記事では、クレーンオペレータになる方法やキャリアの積み方について紹介していきます。

▼クレーンオペレータになるためには

資格を取得する
クレーンオペレーターになるためには、最低でも2つの免許が必要です。
1つ目は、移動式クレーン運転士免許です。
これを取得すれば、クレーンの操作を許されます。

2つ目は、車の運転免許です。
移動クレーンは車体にクレーンを取り付けているものなので、車の運転免許が必要です。
この中でも給料の高い仕事に就きたいのであれば、大型特殊免許を取得しましょう。

キャリアの積み方
クレーンオペレーターとしてキャリアを積むには、企業に就職するのが一般的です。
そこで、まずは安全な作業ができるように、実践を積んでいきます。
なお、5t未満のクレーンであれば「特別教育」や「技能講習」を受けることで、操作が可能です。

そのため、まったくの初心者はここから始める方もいます。
そこである程度の技術や知識が身についてきたら、新たな資格の取得を目指してステップアップしていくのがおすすめです。
こうすることで、大きな負担がなくスムーズにステップアップしていけます。

▼まとめ
クレーンオペレーターになるためには、基本的に資格を取得しなければなりません。
しかし、特別教育などからスタートする方もいます。
弊社は初心者でもステップアップできる環境が整っておりますので、ご興味がある方はぜひ弊社にご応募ください。

NEW

  • 2022.10.01

    社会保険の手続きが必要な時とは

  • 2022.09.15

    社会保険の加入条件について

  • 2022.09.01

    労働時間の管理について

  • 2022.08.15

    法律に基づいた労働時間について

  • 2022.08.01

    福利厚生の内容について

アーカイブ