コラム | 兵庫県小野市大島町 市場駅【株式会社みのり】

コラムcolumn

移動式クレーン運転士になるためには

2021.11.09

移動式クレーン運転士の仕事に就きたいと考えている方は、どのような資格が必要なのか気になるのではないでしょうか。
実はクレーンに関する資格はいくつもあるので、1つ取ったら終わりではありません。
しかし、今業界で求人が多いのは移動式クレーン運転免許の資格ですので、ここでは移動式クレーンを運転するための資格について紹介していきます。

▼移動式クレーン運転士になるためには

移動式クレーン運転士
移動式クレーンを操縦するためには「移動式クレーン運転士免許」の取得が必要です。
小型の移動式クレーンを操作するだけなら、講習を受けることで操作が許されます。
しかし、広く仕事で使うためには「移動式クレーン運転士免許」が求められます。
移動式クレーン運転士免許を取得するためには、まず教習機関で学科と実技の講習を受けるのが一般的です。
その後、実技と学科の試験をそれぞれ受けて、一定の点数以上を取れば免許が交付されます。

大型特殊免許
移動式クレーン運転するためには道を走る機会があるので、大型特殊免許も必要です。
よく間違えられますが「大型免許」ではなく「大型特殊免許」ですので、注意してください。
大型特殊免許を取得する方法は、基本的に教習所に通った後に、試験を受けて取得します。
試験は適性試験と学科試験があり、それぞれ一定の点数を取れれば免許を取得できます。

▼まとめ
移動式クレーン運転士になるためには、いくつか資格を取得しなければなりません。
弊社は仕事の質を高めるために、スタッフの資格取得の支援を行っております。
プロフェッショナルな仕事をしたいという方は、ぜひ弊社にご応募ください。

NEW

  • 2022.10.01

    社会保険の手続きが必要な時とは

  • 2022.09.15

    社会保険の加入条件について

  • 2022.09.01

    労働時間の管理について

  • 2022.08.15

    法律に基づいた労働時間について

  • 2022.08.01

    福利厚生の内容について

アーカイブ