コラム | 兵庫県小野市大島町 市場駅【株式会社みのり】

コラムcolumn

解体工事に契約書は必要?チェックするポイントも

2022.01.08

契約書は様々な場面で必要となりますが、解体工事の場合はどうなるのか気になる人も多いのではないでしょうか?
金銭が生じる場合には、契約書を交わす場合が大半となっています。
今回は、解体工事の契約書に関して解説していきますので、是非参考にしてください。

▼解体工事に契約書は必要?
解体工事を依頼する際には、業者との間で工事請負契約を交わします。
契約書がない場合は、解体工事を行うことはできません。
交わすタイミングとしては、解体工事を行う1か月前以上が目安となっています。
忙しい解体業者であると、数か月埋まっている場合もあるので早めが安心です。
解体工事をしたい日が決まっていても、契約を交わすことがない限り行うことはできないので、早く工事をしたい場合は早めに契約書を交わしましょう。

▼契約書の内容
建設業界などは、契約書のひな型を公表しているようです。
しかし解体工事の契約書に決まりはありませんので、大雑把な契約書であることもあります。
解体工事の契約書でチェックするポイントは以下の通りです。

・工事内容
・請求金額と支払方法
・工事の日程
・損害賠償に関すること
・工事場所
・契約解除となる場合
・工事の発注者
・工事の請負者

▼まとめ
解体工事では契約書が存在するので、しっかりと契約を交わしたうえで工事を迎えましょう。
契約書の内容にしっかりと目を通し、記載されていないことは聞いておくと安心できます。
弊社でも解体工事など幅広く承っておりますので、気になることがあれば是非一度お問い合わせください。

NEW

  • 2022.10.01

    社会保険の手続きが必要な時とは

  • 2022.09.15

    社会保険の加入条件について

  • 2022.09.01

    労働時間の管理について

  • 2022.08.15

    法律に基づいた労働時間について

  • 2022.08.01

    福利厚生の内容について

アーカイブ